職員紹介

  • HOME »
  • 職員紹介

子供のころからの想い

<管理栄養士 濱崎りか> 子供のころから調理をすることが好きで、食に関する仕事をしたいなぁとぼんやり考えていました。進路を考えている時期に祖母が脳梗塞になり、日々の食事がいかに大切かを知り、食についてもっと詳しく学びたい …

人との関わりを大切に

<介護士 中島 義友> 未経験から介護を始めました。 人との関わりをもつ仕事に就きたいと考えて介護の仕事につきました。 私はもともと塾で講師として多くの生徒を相手に働いていたのですが、またそれとは違った環境や職種に就いて …

未経験でもチャレンジできる環境

<リハビリトレーナー  芝 美瑞季> この仕事に就こうと決めたきっかけは、母が看護師をしており、その姿を見て私も誰かの”役に立ちたい”、”近くでサポートしたい”と思ったのがこの職種に就いたきっかけです。 リハビリが好きの …

高校のボランティアがきっかけに

<介護福祉士 中村 泰子> 私の田舎ではご年配の方が多く、小さい時からみなさんにいつも可愛がってもらいました。接する機会が多かったので自然と高校生の時にヘルパー2級の資格をとって、ボランティア活動などをしているうちに介護 …

介護の仕事を選んだきっかけ

<療養部2F介護主任  宇山裕介> 学生時代に祖父の入院をきっかけに家族で介護をすることになり、介護職の重要性を感じ私にもできないかと考えるようになったのが始まりです。そこで、福祉の専門課程がある学校で資格を勉強して社会 …

看護師さんが格好良かった

〈療養部看護主任 植田 千鶴〉 看護の仕事に就きたいと思ったきっかけは、小学生の頃に怪我をして入院した事があり、その時に、お世話をしてくれた看護士さんがとてもやさしくて、働く姿を見ていてもテキパキと仕事をこなす姿や、患者 …

人の役に立つトレーナーに

〈リハビリトレーナー 小野 尚之〉 高校生の頃、部活をしていた私は、マッサージが得意だったこともあり、練習後に仲間のアフターケアをすることが日々の日課になっていました。ケアをする事で疲労回復やケガ防止になり、仲間の笑顔も …

PAGETOP